2011年03月07日

空気の発見

みなさま、おかわりありませんか。今日のわたしの一冊はこれ、です。

空気の発見

内容はタイトルどおりで、今までのどんな科学者が、どのようにして水素や酸素といったものを発見してきたか、またそれらが、ガリレオよろしくいかに最初は認められなかったか、というようながことが分かる本である。

文体は小学生高学年〜中学生3年くらいを対象としているようで、とてもやさしくて癒されます。ズッコケ三人組なんかを思いだす感じです。

中でもおもしろかったのは酸素の発見です。実は酸素は、二酸化炭素などよりもずっとあとにようやく発見されたのです。しかもそれ以前の説では、酸素のことをフロギストン(燃素、または火の空気)と呼んでおり、たとえば石炭はフロギストンを多量に含んでいるからよく燃えるのだ、というような説が広く信じられていたりしたのです。


いまでこそ、ものが燃えるのは酸素が物体と結合する化学反応である、なんて普通に習って当たり前ではありますが、それが認められるまでにはなんと多大な労苦があったのだろうと、少年向けの文体もあいまって素直に感慨深く、とてもすがすがしい気持ちになれた本でした。


現代といえど、新しいものや考えはしばしば否定的に迎えられたりもしますが、それが本当か否かというようなことは、周りの意見ではなく自分の考えで判断できるようにはしておきたいものです、ひとりの人間として。


bnr_blog_to_hp_04.gif

無料(0円)でロゴデザイン2案をご提案!DMやロゴデザインなら美術4 DESIGN ORGANIZEへ
元気になります!カチっと応援お願いします
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

shintaku



posted by 美術4 DESIGN ORGANIZE at 23:36| Comment(0) | 書籍レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

読むだけで英単熟語1200が身につく! 語源で英語力を磨く本

ごきげんよう。みなさま、ごきげんよう。

今日はとてもお勉強らしい本をご紹介したいと思います。

読むだけで英単熟語1200が身につく! 語源で英語力を磨く本

英語を勉強したいというわけでもないんですが、言葉というものが好きなので読んでみました。
だって、人間は言葉を話せるからこそ人間なんだって。そうでしょう?
それはさておき、日本語に負けず劣らず、英語だって十二分に表現豊かな言語だなあ、と実感させられる本でした。

たとえばこの単語、とぃうか慣用句『white-knuckled』。
どんな意味だと思いますか?白い拳?ハテナって思いますよね。
思いますね?思ってください。

では、気になる答え。
【[形]恐怖[心配]を引き起こす;〈人が〉恐怖のあまり両手を握りしめた】
Yahoo! 辞書より参照

答えを聞いてもハテナと思っているあなた!もっと人間を観察しましょう、って、僕もですが。
さて、白い拳はどういうときにできるか想像してみましょう。
怖いとき、どきっとしたとき、たとえばホラー映画やジェットコースターなんかに乗ったとき、
人は思わず手をギュッと握り締めますね。握り締めると手の、関節のあたりがぎゅっと締まって白くなりますよね。
そう、それなのです!思うに、白人が手を固く握り締めるとなお白く、とても実感のある言葉なのだと思います。


それにしても、言葉にあるこういう慣用句はとてもすばらしいと思います。お尻に火がつく、喉から手が出る、など
なぜか今はそんなせっぱ詰まった慣用句しか出てきませんが、とにかくは慣用句は人間の豊かさの最たるもののひとつだと思います。
しかししかし、言葉を使うのが、文章を書くのが苦手な人も多いのではないかと思います……そこで!
そんな方は美術4 DESIGN ORGANIZEへどうぞ!ポートフォリオの制作に欠かせない作品のコンセプトの文章など、
迅速&懇切丁寧にサポートいたします。まずはお気軽にご相談くださいませ〜。ではまた次回。

bnr_blog_to_hp_04.gif

無料(0円)でロゴデザイン2案をご提案!DMやロゴデザインなら美術4 DESIGN ORGANIZEへ。

ロゴ制作、DM作成ををご検討の方、美術4 DESIGN ORGANIZEにお気軽にご相談ください。

ランキング参加中★ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

shintaku

posted by 美術4 DESIGN ORGANIZE at 00:02| Comment(0) | 書籍レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

100の悩みに100のデザイン

こんばんは。今日はちょっと批判的なことを書いてしまうかもしれません。ご了承ください。

100の悩みに100のデザイン
で、今回のこの本です。

タイトルからして自己啓発くさいんですが、まあ、それはまあ、自己啓発的内容です。


趣旨をひとことで言えば「人生はデザインするものなのでアール」である。

その趣旨が、どうも、無理があるような気がするのは、ぼくがひねくれているからかもしれない。
たとえば、「結婚したいけど、できない」という章。それは考え方の問題である、と切りだされ、しまいには「結婚し、子供を生むことは人類の義務であることを相手に伝える」というようなことが出てくる。

ぼくとしては、そういう考えもあっていいと思う。しかし、本として、できるだけ多くの人に何か伝えたいのだとしたら、それは無いだろう、という気がする。自己啓発すぎる、というわけではなく、ちょっと、発想が極端すぎるのである。そもそも、その発想はデザインじゃなくて芸術だ、とも思った。

いや、すごく芸術だと思う。なんか、リンゴひとつ描くだけなのに、そこに宇宙だとか、人間の真理だとか、そのリンゴと自己との距離や空間はこの世界そのものなのである、とか、とか、そう思うのは勝手なのだが、どこか飛躍しすぎているような感じ。それが芸術ならば問題ないのだが、デザインではないと思う。


で、やっぱり否定してしまいました。でもまあ、人生はきっと、デザインではあるんだろうと思います。明日は何をするか、来月は何をするか、来年は何をするか、十年後は?二十年後は?とか、デザインするという発想は重要である。という、とってつけたようなフォローでごめんなさい。

個人的には、人生は芸術である、と。そう思った人は美術4 DESIGN ORGANIZEへどうぞ。



☆プロのグラフィックデザイナーがロゴデザインを無料でご提案☆

無料(0円)でロゴデザイン2案をご提案!DMやロゴデザインなら美術4 DESIGN ORGANIZEへ。

ロゴ制作、DM作成ををご検討の方、美術4 DESIGN ORGANIZEにお気軽にご相談ください。

ランキング参加中★ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

shintaku


posted by 美術4 DESIGN ORGANIZE at 22:58| Comment(0) | 書籍レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

組織は合理的に失敗する

こんばんは。今日からちょこちょこと本の話題も取り上げていこうかと思います。

組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫) [文庫]
で、第一回目はこの本。組織は合理的に失敗する。

タイトルからしてすでに興味深いのですが、読んでみて納得。合理的に失敗する、という文句はこけおどしでもなんでもなく、しっかりと事実なのです。

メインの内容は、第二次世界大戦での日本の無謀な軍事作戦の数々。それらは今まで非合理的な考え方のもとで起こったとばかり言われてきたが、実は合理的だからこそ起こってしまったことだったのである、とその根拠が畳み掛けるように展開されていく。

特に取引コスト理論という考え方には深く首肯させられた。
まず、人間は神ではないので”完全に”合理的ではない。常に限定合理的である。

たとえばインパール作戦という無謀な作戦はなぜ実行されたか。米軍の圧倒的な火力を認知していながら、なぜ白兵突撃(バンザイアタックとも言われている)を繰り返したか。

そこで取引コスト理論が展開される。

白兵突撃をしない方がコストが高かったのである。

白兵突撃は日本陸軍の伝統であり、その訓練のために多大のコストがつぎ込まれていた。

また、白兵突撃用の特別な銃剣も製造されており、それにもまた多大のコストがかけられていた。そしてそのようなコストをかけていることを、上層部はしっかりと自覚している。

だから、白兵突撃を中止することは、回収不能な多大な埋没コストを発生させてしまうことだったのである。

また、現場の人間にしても、そのような上層部を説得し、中止するべく直訴などをすることは、あるいは自分が罷免されたりする可能性も多いにあり、それもまた取引コストが発生してしまうことことなのである。

そのようなコストと、ほんのわずかな勝利の可能性が秤にかけられた時、組織は合理的に動いた。そして合理的に失敗した。


というような話が延々と展開され、論破されるのである。そしてぼくはまったく深く納得して、人間とは、つくずく業が深く、悲しい生き物だなあ、なんて思ったりして、そんなこんなで、ロゴデザイン、DM、フライヤーなら美術4 DESIGN ORGANIZEです!!



☆プロのグラフィックデザイナーがロゴデザインを無料でご提案☆

無料(0円)でロゴデザイン2案をご提案!DMやロゴデザインなら美術4 DESIGN ORGANIZEへ。

ロゴ制作、DM作成ををご検討の方、美術4 DESIGN ORGANIZEにお気軽にご相談ください。

ランキング参加中★ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

shintaku


posted by 美術4 DESIGN ORGANIZE at 23:46| Comment(0) | 書籍レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。